« 朝鮮(韓国)から観た日本 | メイン | チェンマイ便り »

2011/11/13

コメント

クロ

東京メトロン星人さん

 コメントありがとうございます。
 
>>現代の社会では何故か女性を扱き下ろす言い方はタブー視されある種のリミッターが掛かっています。そんな社会状況で「女性の活躍は目覚ましいが、男性は影が薄い。」という見方をするのはアンフェアです。<<

 記事中に書いたとおり、わたくしにも偏見がありますから、ご指摘の点は甘んじてお受けしましょう。
 ただ、仮にそうした傾向があるとすれば、これまでの「男社会」に対する反動ではないでしょうか。
 常に時代は右や左に揺れ動きますから、個人的には「女の時代」が来たとしても不思議ではないと思いますね。

東京メトロン星人

>男として情けない話だが、戦後日本は名実ともに“女の時代”と言えよう。オリムピックでもワールドカップでも、世界に君臨するのは概ね大和撫子で、日本男児たるや影が薄い。

ニュースなどでよく見るこの言い回しですが、こういった言い方には次の様な背景があります。例えば五輪で(日本の)女子選手が活躍した時には「さすが女性は凄い」という一方、男子選手が活躍した場合には「日本人は凄い」という形容で功績を讃えるのです。

そして女性を誉めるときには「それに較べて男性は…」という対比をいちいち付け加えるのに対し、男性が国際大会優勝やノーベル賞を獲得しても「それに較べて女性は…」という言い方は決して使われません。

現代の社会では何故か女性を扱き下ろす言い方はタブー視されある種のリミッターが掛かっています。そんな社会状況で「女性の活躍は目覚ましいが、男性は影が薄い。」という見方をするのはアンフェアです。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)